manga-e1362122707266

インドネシアのネット掲示板に「インドネシアの漫画家が日本の国際漫画賞で優秀賞受賞」というスレッドが立っていたのでご紹介します。
「外務省・第6回国際漫画賞 最優秀賞はタイ作品、優秀賞はアジア勢が独占」

外務省は2月1日、第6回国際漫画賞の受賞作品を発表した。国際漫画賞は、海外におけるマンガ文化の普及を目指して2007年に設立された。海外で発表されたマンガの中から優れたマンガ作品とその作家を顕彰する。
タイのコーシン・チーンシーコンさんの『Listening to the Bell:ガンサダーンの音(ね)が聞こえる』が最優秀賞に輝いた。また、優秀賞は『Melon Seed School Vol.3:ワクワク学校 第3学期』(イティワット・スリヤマート/タイ)、『半空的花:空中の花』(ヤオ・ウェイ/中国)、『MENIT SEBELUM TAYANG:放送開始5分前』(作画:ムハマッド・ファトナトゥール・ハック、原作:オクト・バリンビン/インドネシア)の3作品が選ばれた。

最優秀賞にタイから選ばれたほか、優秀賞もタイ、中国、インドネシアと経済的にも成長著しいアジアの新興国が受賞を独占した。また、入賞となった11作品は中国3作品、台湾2作品、マレーシア、ベトナム、タイ、スペイン、フランス、そして西アフリカのブルキナファソから1作品ずつとなっている。
こうしたアジアの勢いは応募状況にも反映している。今回は世界38ヵ国・地域から245作品の応募があったが、タイから47作品、台湾から36作品、インドネシアから21作品となっている。アジア地域のマンガ文化が活発であることが分かる。

国際漫画賞の特長は、新人のためのマンガ賞というよりも、すでに実績を築いた商業出版の作家が中心となっていることだ。最優秀賞のコーシン・チーンシーコンさんは、大学で美術を学んで卒業後、2008年にデビュー、人気作品を生み出している。『ガンサダーンの音が聞こえる』では、ロックドラマーだった主人公がタイ楽器の魅力に魅かれてストーリーを描く。
イティワット・スリヤマートさん、ヤオ・ウェイさん、ムハマッド・ファトナトゥール・ハックさん、オクト・バリンビンさんも商業作家として活躍している。国際漫画賞実行委員会は、最優秀賞、優秀賞の授賞式を、2月8日に都内にて開催する予定だ。 
2013年2月5日『アニメ!アニメ!』
http://animeanime.jp/article/2013/02/05/12905.html

ネットの反応
↓↓↓↓↓


わっ、俺が最後に読んだ漫画はシティーハンターだよ
それからは全然漫画を読んでないな
まあ、それはさておき、よくやった!

どんなストーリなんだろう?絵も見てみたいな

makko.comをチェックしてみろよ。俺はあんまり好きじゃないけど、ストーリはジャーナリズムの世界の厳しさを描いたものだ。ジャンルは青年漫画。まあ、俺は少年漫画が好きなんだけど...

 読んだぜ、いいコミックだった
テレビドラマのニュースルーム(The Newsroom)をもっとコミカルにした感じだな
賞をもらうにふさわしいと思う

素晴らしい、この民族の一員であることを誇りに思う

俺も別のニュースで見たよ。すでに多くのプロがいる分野でインドネシア人が国際的な賞をもらうなんてサイコーだね

優秀賞を取るなんて、やったな。日本でも認められたんだ。
インドネシアの漫画家たちがますます活躍しますように

優秀賞獲得おめでとう。これらかも数多くの作品を生み出していけますように。

俺が読んだことのあるインドネシアの漫画はGarudaboiだけだな~

参考:Garudaboi
Garudaboi2

 すごい賞をもらったもんだ。絶対応援するぜ! 俺たちの国の作品を応援しようぜ!

WOOOW...!!! インドネシア人が賞をかっさらうなんて思いもしなかったぜ。今回はまだ優秀賞だったけど、次回は絶対に最優秀賞だ!!!

インドネシアの漫画家にももっとサポートがあれば日本に漫画に対抗できるのに...

↑俺もそう思う。全部、役人たちが無関心なせいだ

受賞作はストーリーがいいね。ジャーナリズムについってのがユニークだな。大部分のインドネシアの漫画と違って、なかなかにインドネシア的なものなんだ。俺はmakko.comで読んだけど、追加の情報として、インドネシアのマンが読めるサイトは他にも沢山あるよ⇒www.ngomik.com / www.komikoo.com / www.makko.co

サイコー、インドネシア人であることを誇りに思う

インドネシアの漫画が賞を取るなんて思いもしなかった

うん、本当にすごいよ。こんな大きな舞台でファイナリストになれるなんて。受賞者にまずはおめでとう。そして、この受賞が他のインドネシアの漫画家がさらなる高みを目指すモチベーションとなりますように。

俺に絵を書く才能がないのが残念でならない...まあそれはともかく、今回は38カ国からの参加者があったみたいで、マンガってのは本当に世界に広まってるんだな。

元スレ:
Komik Manga Indonesia Raih "Silver Award" di Jepang
http://www.kaskus.co.id/thread/51157acc1c7608b87f000006

[管理人コメント]
実は、このニュースを読んで初めて「国際漫画賞」のことを知りました。2007年に当時の麻生外務大臣の肝いりで創設された賞とのことです。漫画を通じた国際交流もいつの間にか当たり前の時代になってきましたね。受賞作の冒頭部分は↓のリンクから読めます。インドネシア語ができる方は↑にリンクを貼ったmakko.comで全エピソード無料で読むことができます(要登録)。

外務省・第6回国際漫画賞優勝賞受賞作
(PDFで日本語に訳された冒頭部分が読めます)

あらすじ
ブディはとある民放テレビ局のエディター。彼はいつも上司に怒られてばかり。いっそのこともう仕事なんか辞めてしまおうか。そんな悩みを抱えつつも働いている。そして、アルムは新人ニュースレポーター。取材中に居眠りをしてしまって上司から大目玉。...そんなテレビ局で働く普通の人々の日常を描いた物語。テレビ業界の厳しさに直面しつつも、彼らはプロフェッショナルを目指し日々学んでゆく。