JKT48高城亜樹 緊急帰国特番 1 3   YouTube

現在、日本とインドネシアを股にかけて活躍するJKT48高城亜樹。インドネシア滞在中には一体何を食べているのでしょうか。関連するインドネシア語の記事を見つけたのでご紹介します。

JKT48高城亜樹「バソ、バソ、バソ!」

JKT48高城亜樹はなんとインドネシアの食材であるバッソ(bakso)のとりこになっていた。2013年2月21日に『Tempo』誌が好きな食べ物について質問すると、「バソ(baso)、バソ、バソ!」と日本なまりの「ッ(k)」が抜けた発音で高城は繰り返した。

高城の話では、しばらく前にJKT48劇場があるFXスナヤンビルの5階フードコートでバッソを食べようと他のメンバーから誘われたことがきっかけだという。そして、高城もすぐにバッソが好きになった。「バソは本当に美味しいです」と人差し指と親指でOKのマークを作りながら高城は言う。

 

このインドネシア風肉団子を知って以来、高城は2日続けてバッソを食べたこともある。バッソの食べ方は他のメンバーから教わった。バッソを食べる際、多くのインドネシア人と同じように、麺、そしてケチャップとサンバルをブレンドしたものを追加するのだ。

 

「これ入れると美味しいよ。それを入れると美味しいよってメンバーが言うので、全部混ぜちゃいました」と、お椀の中に調味料を加える仕草をしながら高城は言った。

 

たまにサンバルを入れすぎてしまうので、バッソがとても辛くなってしまうことがある。「辛いけど美味しいです」とOKマークをしながら高城は言った。

2013年2月23日「TEMPO.CO」

BaksoUrat-1
参考画像:某チェーン店のバッソ

[管理人コメント]
あきちゃのバッソ愛は現在進行形でますます深まっている模様です。昨日(5月14日)に放送されたアメーバスタジオでの緊急特番でもバッソへの思いをアツく語っています。ところで、あきちゃにバッソを教えてくれたメンバーてだれなんでしょうかね。詳細は以下のリンクでご覧下さい。



  ポチッとお願いします<(_ _)>⇒にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

61AwJWOad5L