JKT48高城亜樹 緊急帰国特番 3 3   YouTube4

5月14日の昨日、インターネット動画配信サービス「AmebaStudio(アメスタ)」にて、JKT48のメンバーとしてインドネシア・ジャカルタで活動している高城亜樹(あきちゃ)の緊急帰国特番が配信されました。30分の番組内であきちゃがインドネシアやJKT48に色々と言及してくれたのが個人的には非常に嬉しく、今回は保存用(?)として該当部分をまとめてみました。

JKT48高城亜樹 緊急帰国特番 1 3   YouTube1

<JKT48の一番の思い出>

JKT48へ移籍してから半年。一番印象的だったのはジャカルタJKT48劇場でのデビュー。JKT48の劇場公演は全てインドネシア語で行われる。インドネシア語で歌うことは本当に難しい。インドネシア語の歌詞をまずはカタカナに起こし、それから歌の先生の指導を受ける。歌う側としてきちんと想いを伝えようと頑張ったが、その発音ではインドネシア人に伝わらないとダメ出しを受けた。何度も何度も繰り返し練習した結果、カタカナが虫のようにしか見えなくなった時期もあった。JKT48のメンバーも学校がある中、非常にタイトなスケジュールで日々のレッスンに励んできた。一生懸命やってきた仲間と一緒に劇場公演初日を迎えることができて本当に嬉しかった。

<メンバー、ファンの方々について >
みんな本当に優しい。インドネシア語はまだあまり上手には話せないが、ファンのみんなが温かい言葉をかけてくれる。先日の握手会でも分かりやすいインドネシア語で話しかけてくれて「僕らがあきちゃにインドネシア語を教えるからね」と言ってくれた。メンバーもいつもゆっくりと話してくれる。ファンもメンバーも本当に優しい人ばかり。

<ジャカルタでの食事 >
インドネシア料理が好き。ナシ・ゴレン(インドネシア風チャーハン)が美味しい。でも、一番好きなのはバッソ(インドネシア風肉団子)。JKT48劇場はジャカルタのショッピングモールの4階にあるが、その5階にあるフードコートのバッソの店がお気に入り。メンバーのナビラやシャニアが紹介してくれた。「すごく美味しいので、みなさんもJKT48劇場に行った時は5階のフードコートで食べてみて下さい♡」


JKT48高城亜樹 緊急帰国特番 2 3   YouTube5
パート2の7:30から始まる「抜き打ち♪ JKT48検定!」もオススメです!

<日本とインドネシアの違い、とまどい>
インドネシアの「道」が印象的。ジャカルタの渋滞はすごい。普段10分で行ける距離が、時間帯や天候によっては30分かかったりする。「渋滞と道は一緒じゃないけど、そんな事が印象に残りました」

<AKB48メンバーに伝えたいJKT48の魅力は?>
JKT48は「めっちゃ勢いあるよ」って事をメンバーに伝えたい。海外だと距離があるのでテレビでの活動など分かりにくいが「めっちゃ勢いありますよ」。「日本ではなかなか伝わらないと思うので言わせてください。JKT48、今ノってるよ♡」。個性的なメンバーが揃っているので、ホームページなどでいろいろ探してもらってJKT48の推しメンを見つけたら楽しいと思う。「AKB48のように個性が強いメンバーがたくさんいるので飽きないですよ」

<総選挙の抱負(JKT48部分のみ)>
JKT48唯一の総選挙参加メンバーとして緊張はあるが、自分が上位にランクインすることで日本の皆さんにJKT48の事をもっと知ってもらいたい。JKT48はこんなにすごいんだよってことを知ってもらいたい。


<あきちゃからの告知>
私が所属するJKT48が5月11日にファーストシングルCD「RIVER」劇場盤をインドネシア国内でリリースしました。インドネシア国内のCDショップや大手書店チェーン、JKT48劇場などで購入できます。日本国内でも予約販売を行うと思います。詳細が決まり次第、私がググたすやツイッターで告知しますのでよろしくお願いします。

JKT48高城亜樹 緊急帰国特番 3 3   YouTube5

[管理人コメント]
最初は保存用としてあきちゃの全発言をテキストで起こしてみようと思っていたのですが...開始10分でヘタレました(笑)。とてもじゃないが全部起こしている時間なんてありません。その結果...保存用と呼ぶにはいささかしょっぱいエントリーになってしまいました(涙)。でも、動画自体はとても面白いので、時間があるときにでも是非ご覧下さい。パート2の途中から始まる「抜き打ち♪ JKT48検定!」もファン必見です。

  ポチッとお願いします<(_ _)>⇒にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

61AwJWOad5L