1

5月23日の昨日、JKT48がインドネシアの人気トーク番組「ヒタム・プティ(Hitam Putih)」に出演しました。今回のトーク部分に関しては、あのナビラをものともせず、我らがはるごんこと仲川遥香さんの独壇場。物怖じしない持ち前の明るさで、美味しい部分を全部かっさらっていきました。面白い部分はいくつかあるのですが、その中でも僕が一番笑ってしまった部分をご紹介したいと思います。

Master Corbuzier  corbuzier  on Twitter
日本では知らない人も多いと思いますが、「ヒタム・プティ」司会のデディ(@corbuzier)はフォロワー数100万人超えのインドネシアでは誰もが知っているレベルの人気タレントです(もともとマジシャン出身で、今はメンタリストと呼ばれることを好むそうです)。ちなみに、最新のツイートはJKT48アヤナ(@achanJKT48)からの「デディさんって本当は優しかったんですね~:3」というメンションへのリプでした。「フム...」ってどういう意味なんですかね(笑)。

この番組は司会のデディが机と椅子にかけて、そこから出演者に色々と質問をしていくのが基本的なスタイルです(下の写真を参照してください)。この点を念頭に置いて、以下のごんさんの活躍ぶりをご覧下さい。

0-10-2

こちらが参照した動画


<さあ、番組も終盤です>
00

<CMが終わり、いつもの展開が待ってるかと思いきや...んんん?あれっ?>
 
no title

<そして、画面が切り替わると...>

はるごん登場!!!

「ハロ~みなさんこんばんは~!」
<観客爆笑> 
1
<僕もここで吹き出してしまいました>

「みんな、これ(Tシャツ)知ってる?」
<知ってるよ~!>
「劇場で買ってね~」
<イエーイ!>
2

舞台袖で機会をうかがう司会のデディ
 2-1

<はるごんの宣伝が済んだところで、おもむろに登場>
 
「オイオイ、君は服を売るためにわざわざ日本からやって来たのかい?」
<観客爆笑> 
3

はるごん「どうしたの~ツルツルさん?(Apa, botak?)」
<観客爆笑> 
4-1
注:きわめて率直に訳すと「何よ、ハゲ?」となります(笑)。 

<ものすごいカウンターパンチをくらって苦笑いのデディ>
4

<爆笑する観客>
5

<ひるむデディを見て、勢いに乗る(暴走する?)はるごん>

「これ欲しいんだよね~?」
「似合ってるよ~」
<観客爆笑> 
6
7

デディ「ど・き・な・さ・いっ!」
はるごん「イ~ッ」
はるごん「この写真って誰だと思う?」 
8
 
デディ「誰だこれぇええええっっ!?」
(セットされてた野澤玲奈の写真を見てデディ苦笑い)
<観客爆笑>
はるごん「ねえ、これ誰かな?」
デディ「これは僕の写真だよ。なんで君の写真があるの!」
<観客爆笑> 
9
 
はるごん「ちがうよ。それはレナの写真だよ」
デディ「君だろ?」
はるごん「レナだよ~」
10
 
デディ「なんだ、レナなら問題ないな」
<観客爆笑> 
11

<やられっぱなしのデディ、はるごん(赤丸)が席に戻ると反撃に出る>

デディ「レナは背が高くて可愛いけど、君はドラえもんじゃないか!」
<観客爆笑> 
 12

いきなり番組終盤部分からの引用で恐縮です。正直ごんさんがここまでやれるとは思ってもいませんでした(ゴメンなさい<(_ _)>)。僕もリアルタイムで見ていましたが、ごんさんがCMあけにデディの席に座っていた時は吹き出してしまいました。その後のやり取りでも本当にドッカンドッカン笑いをとっていたのもすごいですね。本当に冗談抜きで感動すら覚える大活躍でした。

ところで、上の場面が番組のハイライトだと思うのですが、個人的にはもうひとつ感動した場面があります。ちょっと該当部分を引用してみましょう。番組中盤でのデディとの会話です(部分的にレナの通訳あるようですが、きちんとした受け答えが出来ていたように思います)。

デディ「ハルカ、君はもともとAKB48のメンバーだって聞いたんだけど?」
はるごん「ワタシ?はい、AKBですよ」
デディ「AKB48で日本の出身だよね?それで、何でインドネシアへ移籍してきたの?」
はるごん「私はここが好き。インドネシアが好きなの(会場が拍手に包まれる)。」
はるごん「JKT48にいたいです」
デディ「ジャカルタへ来るように言われて、ストレスは感じなかった?」
はるごん「全然」
デディ「全然か。ここが好きなんだね。ここと向こう(日本)、どっちが好き?」
はるごんこっち(会場拍手、デディかなり嬉しそう)」
デディ「それで、お父さんとお母さんはどこにいるの?」
はるごん「日本...」
デディ「日本にいるんだ。ご両親は君がこっちにいることに賛成なの?」
はるごん「ええ、大丈夫です」
デディ「ご両親は不安を感じたり、君に会いたいと思ったりはしないのかな?」
はるごん「しないです」
<会場大爆笑>
<デディ爆笑しながらはるごんを呼び寄せる>
デディ「君は日本からインドネシアに移籍してきたよね。『ご両親は君に会いたいとおもったりはしないのかな?』『しないです』って、それは見捨てられたってことだよ(会場大爆笑)」
はるごん「大丈夫ですよ(笑)」
テディ「大丈夫だって?そのココロは?」
はるごん「(JKT48の)メンバーがいるからです(会場拍手)」

もう僕がいちいち気持ちの悪いコメントを付け加える必要もないでしょうが、一言だけ言わせてください。今回の(正確には「今回も」ですが...)ごんさんの受け答えからは、リップサービスではなく本当にインドネシアを楽しんでいるんだなという気持ちが伝わってきました。これはおそらくインドネシアの視聴者も感じていたのではないでしょうか。そんな日本人の芸能人が誕生してくれたことを本当に嬉しく思います。ごんさんの今後の活躍を期待します。でも、あんまりハメを外しすぎないでね(笑)。

【デディ/「ヒタム・プティ」関連記事】
【"はるごん"はなぜセンターか?】JKT48仲川遥香さん、インドネシア人気トーク番組で新曲「恋するフォーチュンクッキー」センター抜擢の理由を語る
JKT48&AKB48野澤玲奈、インドネシア大物司会者とツイッターでひと騒動...? 
JKT48チームKIII、人気トーク番組でチームJを語る(2013年6月27日「ヒタム・プティ」) 


【仲川遥香さん関連記事】
【現地で大反響!】イスラム衣装に身を包むJKT48仲川遥香さん+インドネシア人の反応
【超速報!】JKT48仲川遥香さん、新曲「恋するフォーチュンクッキー」で初のセンターへ!+インドネシア人の反応 (ツイッターの反応はこちら) (2013年7月22日)
【現地で愛される"はるごん"!】JKT48仲川遥香さん、新曲KFCセンターをインドネシア語で報告+現地ファンの反応 (Google+の反応はこちら)(2013年7月23日)
選抜総選挙辞退のJKT48仲川遥香、インドネシアのファンからもぞくぞくと共感の声(2013年4月24日)
JKT48仲川遥香「JKT48のみんなが参加するなら、私も選抜総選挙に出る」(2013年4月28日)