photo

[2013年6月25日にJKT48チームKIIIに加入]

インドネシアの女性誌『ガディス』ホームページに二期生3名のインタビューが掲載されていましたので、掲載順に3回に分けてご紹介します。第2回はフィニことラトゥ・フィエンニ・フィトゥリリア(Ratu Vienny Fitrilya)のインタビューです。

フィニ:JKT48に入って

ロナに続いて、今回はJKT48二期生フィエンニ・フィトゥリリア(フィニ)を取り上げます。以下は『ガディス』誌が行なったフィニとのインタビューです。

 

どのような経緯でJKT48に入ろうと思ったのですか?

フィニ:私はもともとJKT48のファンでした。インターネット、テレビ、その他のメディアを通じて、JKT48に関するニュースをよく追いかけていました。私もダンス、演技、そして歌うことが好きなので、二期生のオーディションがあると知った時、すぐに参加を決めました。 

JKT48に入る前はどのような活動をしていましたか?

フィニ:普通の高校生でした。学校の勉強の他に、芝居やサマンダンス(アチェ・ガヨ族の伝統舞踊)などの課外活動で忙しかったです。

 

JKT48加入後の学校生活はどうですか?

フィニ:学校生活は相変わらずいつもどおりです。学校が終わると、すぐにJKT48のレッスンへ。こうした日々が続いています。

 

JKT48に入って楽しかったことは?

フィニ:日本でAKB48の劇場公演を見られたことは、今までで一番楽しい経験でした。カワイくてカッコいいAKB48のメンバーと会えて本当に嬉しかったです。

 

JKT48に入ってつらいことはありましたか?

フィニ:まだたくさんの人が私たちJKT48二期生に悲観的なことです。冷たい態度をとる人も多く、デビュー直後などは尚更でした。そういったあまりポジティブではない反応があるのは悲しいです。でも、私たちは自ら証明することができると信じています。

 

JKT48AKB48の推しメンは誰ですか?

フィニ:JKT48では(チームJキャプテンの)キナルです。リーダーシップが素晴らしいからです。メンバー全員を本当に上手にまとめています。AKB48では、前田亜美とゆきりんが好きです。可愛いですよね。2人の顔はとても人目を引きますし、自信に溢れているように見えます。


JKT48   メンバー情報   ラトゥ・フィエンニ・フィトゥリリア

[管理人コメント]
キナル推しとはなかなか見込みがある研究生ですね(キナルプロフィール)。次回はノビちゃんことノフィンタ・ディニのインタビューをご紹介します。

関連:

ポチッとお願いします<(_ _)>⇒にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

男と女のインドネシア語会話術