JKT48-Cindy

6月4日、JKT48シンディ・グラがGoogle+で「ドゥティック(Detik:インドネシアの大手ニュースポータルサイト)に載ったよ~」とコメントし、自身が載った記事の写真を投稿しました。シンディ本人が宣伝しているわけですから、これはもうファンとしては読まない訳にはいかないですよね。という訳で、以下にその記事をご紹介します。

「~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ ドゥティックに載ったよヽ(*≧ω≦)ノ エヘヘ。みんな、こんにちは:) 今何やってるのかな?もうご飯は食べた? しっかり食べてね~^^」
c
<

JKT48シンディ:卒業しても制服に落書きする必要はない

中学3年生の生徒に統一卒業試験(UN)の結果が届いた。JKT48のメンバーであるシンディは、できれば制服を落書きして合格を祝うのはやめたほうがいいと語る。

「統一卒業試験に合格したからといって制服に落書きをする必要はないと思います。服が汚れるだけだし、街頭が大騒ぎになってしまうからです」と2013年6月1日にJKT48劇場で行われた握手会イベントの合間に、シンディは語った。

高校1年生のシンディは合格して最初に行うべきは神への感謝であると考えている。「試験が終わったからといって直ぐに落書きをするのはちょっと...まずは祈り、そして神に感謝しましょう。私たちが合格できたことを」とシンディ。

シンディ自身も昨年、中学校卒業の際、友人たちと出かけることで卒業を祝った。もちろん、制服に落書きをすることはなかった。

「私は友達と一緒に出かけました。落書きしてはいけないという訳ではありませんが、結局は街頭でしてしまうので、騒ぎの原因になってしまいます。必要とする人にその制服をあげる事もできるはずなのですが」と先月5月29日に中学校卒業を祝ったばかりのシンディは説明する。

なお、JKT48メンバーのシャニア、アヤナ、ゲビー、ソニア、デラ、ヌラ、シシルも中学校の卒業が発表されたばかりだ。

「無事に合格できましたが、成績はまだ分かりません」と6月1日、1997年6月3日生まれのアヤナ・シャハブは語った。アヤナも希望する高校に進学できるよう、良い成績を得られるように願っている。
2013年6月2日「Detik」

[管理人コメント]
ayana

アヤナのコメントにあるように、インドネシアではこの時期、小中高と全国一斉の統一卒業試験(UN)が行われ、合格しないと卒業できません。無事合格+卒業を決めた学生たちは今回紹介した記事のように制服に落書きをしてはしゃいでしまうこともしばしばあるそうです。試しに「制服に落書き」で画像検索してみると、下のような画像がゴロゴロ出てきました。気のせいか日本の成人式を思い出しますね(笑)。

u1u2
u3u4
u5u6
u7u8
u9u10
u13u15

関連記事:
JKT48シンディ・グラにまつわる9つのトリビア