stella nylon

『NYLON(ナイロン)』は1998年にニューヨークで創刊された月刊ファッション誌。現在では、アメリカの他にカナダ、欧州、日本を含むアジア圏で発売されています。インドネシア語版は2011年1月に創刊されました。そんな女性ファッション誌の2012年11月号にJKT48メンバー7人(メロディー、シャニア、アヤナ、ガイダ、フェ、ステラ、ナビラ)のインタビューが掲載されました。第3回の今回はステラ・コルネリアのインタビューをご紹介します。

JKT48ステラ、『NYLON』誌インタビュー(2012年11月号)

ステージに立つ上で一番大事なことは体調管理です。時には3日連続のスケジュールが組まれることもあるので、ステージをキャンセルしないよう体調はしっかりと整えなければいけません。私たちは普通、ウォーミングアップをして週に一度はトレーナーについてフィジカルトレーニングを行っています。 

私が一番好きな曲は「僕の桜」です。ゆったりとした曲なので、楽しく聞こえる他の曲とは大きな違いがあるからです。

一番印象の残っているステージは東京ドームです。AKB48も日本で最も歴史のあるステージのひとつ東京ドームのステージに立つまでに6年を要しました。JKT48は結成から1年でAKB48の姉妹グループの皆さんと一緒に出演することができ、本当に「ワオッ!」という気持ちでした。観客もとてもたくさんいて、4万8千人もいたんですよ。

インドネシアでのライブはJKT48を自国で知ってもらうための機会です。AKB48とJKT48を含めた他の姉妹グループは日本で間違いなく知られていますが、インドネシアではJKT48を知らない人もまだ大勢います。全ての人にJKT48とは何かを伝えらえるよう挑戦してきたいと思っています。

大学の新入生オリエンテーションのことです。「ステラ・コルネリア」というネームタグをつけていたら、「JKT48のメンバーみたいな名前だね」と言う人がいたんです。私は黙っていました。すると、その人はツイッターを開いて、「えっウソだろ。顔がそっくりだ!」って言うんです。私が本人だってようやく気がついたみたいでした。私が隣に立っていたら「おい、ここにJKT48のメンバーがいるぞ!」とよく言われるのですが、それには気がつかない振りをします(笑)。

ポチッとお願いします<(_ _)>⇒にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

JKT48、『NYLON』誌インタビュー :
ナビラメロディーガイダ

やさしい初歩のインドネシア語
舟田 京子
南雲堂
売り上げランキング: 65,080