k

今年5月に高校を卒業したJKT48チームJキャプテン・キナルが大学入試に挑みます。人気アイドルグループJKT48のメンバーとしてますますタイトになるスケジュールをこなす中での大学受験です。キナルは一体どのようしてこの2つを両立させているでしょうか。以下に関連する記事を見つけたので、以下にご紹介します。

JKT48キナル、大学入試に備えて

デフィ・キナル・プトゥリ(キナル)はちょうど今、受験勉強に取り組んでいる最中だ。JKT48チームJキャプテンのキナルは、JKT48の活動と勉強にスケジュールを振り分けることを煩わしいとは思っていない。


「実は今日、国立大学入学共通試験(SBMPTN)があったんです」とキナルは618日、ジャカルタのJKT48劇場で語った。試験シーズンに入れば、高校生の頃と同様に、キナルは勉強に専念する時間をとることになる。

「試験の時には、このスケジュールはこなせないなという事がしょっちゅうです。そういう時に、メンバーがたくさんいて良かったなと思いますね。スケジュールが厳しければ、代わってもらえるからです」と199612日生まれのキナルは語った。

 

キナルにとって、ジャカルタと出身地であるバンドンでJKT48として活動しながらの勉強は高校時代からすでに当たり前のこととなっている。その結果、今では体力的にもつらいと感じることはなくなった。「高校の頃から、そういったわずわらしさは感じていました。ましてや、バンドンとジャカルタを往復していたのですから」とキナル。

 

大学入試に向けた準備はできる限り手間をかけない方法で行なっている。全ての機会にキナルは参考書を持ち込み、目を通している。英語の勉強に関しては、たくさんの外国映画を観るという作戦を立て、映画から知識を吸収しようとしている。「(小中高と)もう12年間も勉強しているんですよ。こんな試験ぐらいでやられる訳がありません」と大学入試合格に前向きな姿勢を見せた。


2013年6月19日「Tempo.co」



 
「ちょうどCDの直接販売で地方を回っていた時には、どこへ行くにも参考書を持って行きました。食事の時も勉強したりして、少しずつ地道にやっています。英語の勉強に関しては戸惑うこともありますが、私の場合は映画を観ながら勉強するようしています」とキナルは大学入試の準備について語った。

 

「勉強に関しては、楽しんでやっています。『もう12年間も勉強してるんだ。こんな試験くらいでやられる訳がない』って考えています」とキナルは前向きに語った。

2013年6月20日「LangitBerita」

【管理人コメント】
今回の記事は今月18日に行なわれた記者会見でのインタビューがもとになっています。キナルはその日、午前中に国立大学入学共通試験(SBMPTN)をこなし、その日の夕方に記者会見に出席したということです。芸能活動と学業の両立、本当に頭が下がります。ちなみに、インドネシアでは国立大学入学のためには今回キナルが受験した全国一斉の「共通試験」の他に、大学別に行われる個別試験を受験するという方法もあるそうです。日本でいうと、センター試験一発、もしくは二次試験一発で合否が決まるという感じなんでしょうかね。

参考:
JKT48キナルと統一卒業試験(UN)(キナルの高校卒業試験に関する記事まとめ)