shinta

JKT48ナオミ、チームJキャプテンへ

7月3日、スナヤン・インドア・テニスで行われたJKT48コンサートツアー「はじめまして。JKT48と申します」はJKT48メンバーのシンタ・ナオミにとって忘れられない夜となった。1994年6月4日生まれのナオミがチームKIIIキャプテンに選ばれたからだ。その発表はコンサート終了間際に伝えられた。 

51人のメンバーが「Baby! Baby! Baby!」を歌い終えると、メロディー・ヌランダニ・ラクサニはその20曲目が最後の曲であるとファンに伝えた。ランプが消されてから程なくして、会場を埋めたファンたちは口々にアンコールを叫んでいた。アンコールの声が繰り返される中、メンバーたちは再びステージ上へと戻ってきた。


だが、それは曲を披露するためではなかった。「チームKIIIキャプテン」という文字とおもに、JKT48 二期生の写真が巨大スクリーンに浮かび上がる。シンタ・ナオミの名前が現れると、会場からは歓声が上がった。154センチのナオミが結成間もないチームKIIIキャプテンに正式に選ばれたのだ。


「」とナオミはステージ上で語った。その後、祝福の言葉が洪水のように押し寄せた。ナオミのキャプテン就任をもって、JKT48には現在、2人のキャプテンが在籍することになった。2012年末にはデフィ・キナル・プトゥリがすでにチームJキャプテンに選出されいる。


すでに知られているように、JKT48には3つのグループに分けられている。1つ目は、AKB48からの移籍したアキチャとハルカを含む23名が在籍するチームJ。第二期生18名が在籍するチームKIII。そして、残りの10名はまだ研究生となっている。


JKT48チームKに「III(3)」という数字が添えられているのが、これはJKT48が初めてではないからだ。K1はAKB48チームKを、KIIは日本の名古屋に本拠地を置くSKE48チームKを指している。「チームKIIIのさらなる成功、そして多くの人に知ってもらいたいです」とナオミは意気込む。


ツイッターアカウントを通じて、JKT48第二期生のメンバーたちはチームKIIIにキャプテンが誕生したことを歓迎した。なぜなら、彼女たちは2012年末の結成直後にキャプテンが発表されたチームJとは異なるからだ。例えば、ノエラ・システリナはナオミのキャプテン就任をとても喜んでいる。「今夜は本当に、本当に、本当に嬉しかった。私の大好きなお姉さんがチームKキャプテンに選ばれたんだよ。シンタ・ナオミ姉さん、おめでとう!」とノエラはツイッターに記した。

2013年7月4日「Jawa Pos」

JKT48 - メンバー情報 - シンタ・ナオミ

関連記事:
JKT48キナル、チームJキャプテンへ 
【JKT48チームKIII新キャプテン】メンバーのお祝いツイートまとめ【シンタ・ナオミ】 

【ジャカルタ公演】
【ジャカルタShow1】JKT48ジャカルタ2DAYS公演、今夜開幕!
【ジャカルタShow1】JKT48、新「制服」をお披露目!  
【ジャカルタShow1】現地紙が伝えたJKT48ジャカルタ公演初日
JKT48初の国内ツアー「はじめまして。JKT48と申します」現地報道まとめ