ayana - コピー (2)

『NYLON(ナイロン)』は1998年にニューヨークで創刊された月刊ファッション誌。現在では、アメリカの他にカナダ、欧州、日本を含むアジア圏で発売されています。インドネシア語版は2011年1月に創刊されました。そんな女性ファッション誌の2012年11月号にJKT48メンバー7人(メロディー、シャニア、アヤナ、ガイダ、フェ、ステラ、ナビラ)のインタビューが掲載されました。第5回の今回はアヤナ・シャハブのインタビューをご紹介します。

JKT48アヤナ、『NYLON』誌インタビュー(2012年11月)

私は今中学3年生なので、統一卒業試験に向けて準備をしているところです。今は学校以外で勉強の時間を見つけるのが少し難しいので、学校では真剣に勉強に取り組んでいます。でも、時には学校でもつい居眠りをしてしまうのですが(笑)。
私はもちろん昔からダンスが好きでしたが、そのダンスというのは子供向けのもので、JKT48のように難しい動きはありませんでした。そのため、歌いながらダンスを続けるために練習する必要がありました。

私は日本語ができるので、日本の他の姉妹グループと会う際には普通、メンバーのために通訳をします。レナ(野澤玲奈、JKT48の日本人メンバー)もできなくはないのですが、まだ分からないインドネシア語の単語がたくさんあるようです。

JKT48の活動以外でも、メンバーはよく一緒に遊んでいます。特に、ご飯を食べたり映画を観に行ったりすることが多いですね。時にはレッスンの前にわざと早めに集合して、先に映画館へ行ったり、ご飯を食べたりすることもあります。今ではメンバーとはほぼ毎日劇場で会っています。

もし特定のメンバーにファンが集中したら、羨ましいなという気持ちはきっとあると思います。私たちJKT48はひとつのチームですが、お互いに良い意味でのライバルでもあります。いつの日か卒業するメンバーもいることでしょう。でも、私たちがこれからもともに歩んでいけるよう、私たち全員がお互いに友人でいられるよう願っています。

【関連記事】
『NYLON』誌2012年11月号JKT48インタビュー(画像をクリック!)


Stella -nabilah -ghaida-melody-