sendy2_min


JKT48センディ、アチェのために思い出の腕時計をオークションへ

2013年7月29日に行われたJKT48アチェ震災復興チャリティーイベントで、メンバーのセンディは自身の私物をチャリティーオークションに出品した。長らく愛用してきたセンディお気に入りの逸品だ。
「この腕時計はブランド物ではありませんが」とオークションにかける前にセンディは言った。「私がまだダンドゥットの歌手をやっていた頃から使っている時計なんです。JKTに入ってからも使っていましたよ」

母親に買ってもらったというこの時計は、センディにとって本当に思い出深いものだという。「この時計はママや弟(妹)が使っていたこともあります。私にとっては本当に貴重なものだし、使いやすいですよ。どこへ行くにもこの時計と一緒でした。別の時計をつけていたとしても、カバンの中にこの時計を入れておくんです。持って行くのを忘れてしまった時などは、取りに戻らなきゃって気持ちになってしまう程です」とセンディは語った。

sendy_min 

1万ルピアから開始されたオークションでは235万ルピア(約2万3500円)をつけたファンがこの時計を落札した。はっきりしていることは、センディがお気に入りの時計をオークションにかけたのは、アチェのみんなを助けたいという思いがあったからに違いない。

2013年7月30日「HAI」

【オススメ】
【スペシャルインタビュー】JKT48センディ:ダンドゥットは私の誇り

【関連記事】
JKT48、アチェ震災復興支援チャリティーイベントを開催(←イベント詳細はこちら) 
JKT48シンディ・グラの写真が360万ルピアで落札  
JKT48タタ、小さい頃はたびたび「行方不明」に