1

JKT48イカ、レバランには「家族団地」を訪問

レバラン(断食月明け大祭)に親類縁者のもとを訪問しなければ、何か物足りない。JKT48イカはレバランの祝日が来るとそうした皆と必ず会うことにしている。レバランの時には決まって祖父の家に行くのだという。
「まずはご近所の人に挨拶をして、それからすぐにお祖父ちゃんの家へ行きます」とイカは言った。テイラー・スウィフトのファンだというイカはなぜ真っ先に祖父の家に向かうのだろうか。実はそこにはイカの「家族団地(komplek keluarga)」があるのだ。

「お祖父ちゃんの家や、叔母さんや叔父さんの家があって、他の親戚の同じ地域で暮らしています。ひとつの地区が私の親類で占められているので、みんなの家を回るんですよ」とイカは付け加えた。