1_min

JKT48仲川遥香、父親とはインドネシア語で会話...?

ますます熱心に語学の勉強に励むJKT48ハルカは時々、両親との電話の最中にもインドネシア語を使ってしまう。その結果、彼らは娘が何を言っているか分からずに戸惑ってしまったいう。
「お父さんから電話があった時、私はインドネシア語で話したんです。もちろんお父さんは理解できなくて、何を言ってるんだ?って言ってました。自分がインドネシア語で話してるんだってことを忘れていました」とハルカは8月21日、ジャカルタのスナヤン地区で行われた記者会見で語った。

そればかりか、ハルカは同様のことをJKT48の日本人スタッフとの会話でもやったことがあるという。他のメンバーも当然、そのハルカの忘れっぽさを覚えている。

「日本人のスタッフと話している時にハルカはインドネシアで話しているんですよ。『なんでインドネシア語なの?』とスタッフが聞くと、『あれっ(インドネシア語で話していることを)忘れてた』ってハルカは言っていました」とメロディーは語った。

2013年8月22日「KapanLagi.com」

【関連記事】
【動画あり】JKT48仲川遥香さん、新曲発表の記者会見でインドネシア語を披露! 
インドネシア料理が好きで太ったJKT48仲川遥香さん、新曲のためにダイエット...?

ユニークで可愛らしいJKT48仲川遥香さんのインドネシア語 
【"はるごん"はなぜセンターか?】「恋するフォーチュンクッキー」
JKT48仲川遥香さん、インドネシア人気トーク番組で新曲センター抜擢の理由を語る