2_min
JKT48ステラ(右)とソニア(左)

JKT48ステラ: 妹ステラの「恋するフォーチュンクッキー」選抜は私の誇り

8月21日水曜日、JKT48はAKB48と同日に第3弾シングル「恋するフォーチュンクッキー」をリリースした。

兼ねてから伝えられていた通り、JKT48に関しては、ハルカ、メロディー、シャニア、ナビラ、フェ、アキチャ、レナ、ベビー、キナル、ソニア、ナオミ、アエン、ユピ、デラ、イカの16名が新曲に参加している。中でもソニアの選抜は、これまでより多くの機会で選ばれることが多かった姉のステラ・コルネリアの存在をファンに思い起こさせた。
JKT48の新曲メンバーに妹のソニア・ナタリアが選ばれたに、ステラは誇らしさを感じている。インドネシア初の特撮シリーズ「ビマ・サトリア・ガルーダ」でヒロインのレナ・イスカンダール役を演じるステラはソニアのJKT48における懸命な努力の結果を見ることができ非常に嬉しいという。

「本当に誇らしいです。私自身は選抜に入れませんでしたし、前回もそうでしたが、妹は今回の『恋するフォーチュンクッキー』で選抜入りしたのですから。これは遊びではなく、大規模なプロジェクトです。私たちの新曲ですし、リリースもAKB48と同じ日です。だから、私は妹のことを誇りに思っています」とステラは先日、『HAI』誌編集部を訪れた際に語った。

2013年8月23日「HAI」

(新曲の「恋するフォーチュンクッキー」で選抜に入らなかったけど、悲しんだりはしてないよね?)「悲しかったよ。でもね、どんな時も一生懸命、自分にできる精一杯のことをしていかなくちゃって思ってる。これから先もまだたくさんのチャンスがあるはずだから」( 先日ステラが行なったファンとの「ツイッターQ&A」より)