3_min

JKT48ディク、怒られる

完璧な人間などいない。誰もがこれまでに過ちを犯したことがあるはずだ。JKT48メンバーも含めて、間違いや罪は全ての人間にある。本当に些細な過ちであっても、それを経験することで少なくとも、私たちの今後の人生がより意味のあるものになるだろう。
過去の失敗ついての話になった時、JKT48メンバーのディクことレズキー・ウィランティ・ディクは今でも本当に後悔している軽率な行動をしてしまい、その結果を受け入れなければならなかったという。一体どのような失敗をしてしまったのだろうか。

「先日、私はとある食堂で休んでいました。その時はすごくお腹がすいていて、ちょうど『ガドガド(※)、ガドガドだよ!』という食べ物売りの声が聞こえてきました。とにかく、私には『ガドガド』と聞こえたので、『お願い!』と大声で注文したんです」とディクはとても楽しそうに話した。

※温野菜に甘辛いピーナッツソースをかけた料理

「でも、その物売りが渡してくれたのはガドガドじゃなかったんです。『はい、ご注文のアボカドジュースだよ』って。そんな飲み物を注文した覚えもなかったので、私が断ったら、怒られちゃいました。その人が正しかったんです。ガドガドじゃなくて、ずっとアボカド・ジュースって声を張り上げていたんですから。あの時は本当に恥ずかしかったな」とディクは続けた。

2013年4月29日「HAI」

【管理人コメント】
1 (500x375)_min2_min
ガドガド(左)とアボカドジュース(右)

なぜか向こうのアボカドジュースには必ず(?)チョコレートが入るんですよね。右写真のようなアイス付をレストランなんかで飲むと結構高いですけど、道端の屋台だと、僕がいた当時で1杯30円くらいで買えたので、結構頻繁に飲んでいました。あれは美味しかったですね。マンゴーを山ほど買ってきて、自分の家でミキサーにかけてジュースを作ったりとか、なんだか色々と懐かしいです。しみじみ。