1

JKT48メロディー、運転免許証は法律上の義務

先日起きたAQJによる自動車事故
(※)は、私たち全員にとって、時期が来る前に車やバイクを運転してはならないという教訓としなければならない。JKT48メロディーは私たちが見習うべき人物のひとりだ。現在21歳のメロディーは正規の運転免許証取得の手続きを経て、ようやく公道に出られるようになった。
※9月8日、インドネシアの人気ミュージシャンでアフマッド・ダニの3男(13歳)が運転する自動車が事故を起こし、6人が死亡11人が重軽傷を負った事件(AQJは3男の名前)。詳細はこちら→2013年9月11日付け『じゃかるた新聞』

「運転をするなら免許証をとらなくてはいけません。昔の話ですが、私も警察の定める手順に従って免許を取得しました。手続きにはそれなりに時間がかかりましたが、私たちはそうした手順に合わせていかなければいけません。免許証というのは法律上の義務ですから」とメロディーは『HAI』誌の取材に答えた。

メロディーが運転する際に気をつけているのは免許証だけではない。安全に目的地まで到達できるよう、メロディーは他の規則にも注意を払っている。

「運転する際はスピードを出し過ぎてはいけません。高速道路などはなおさらです。普通は速度制限がありますし。だから、私たちはそれに従わなくてはいけません。シートベルトも忘れてはいけません。重要なことですし、そうした事はきちんとしなくてはなりません」とメロディーは言った。

2013年9月18日「HAI」

【関連記事】
【インドネシア】JKT48、ホンダの低燃費新型車「ブリオ・サティヤ」のイメージキャラクターに