7_min


【どっちを選ぶ?】JKT48ナビラ VS Cerrybelleアニサ

インドネシアの音楽シーンの発展を追いかけているならば、現在注目を集めるアイドルグループJKT48とガールバンドのチェリーベルの名をきっと耳にするはずだ。

この2つのグループはすでにアルバムをリリースし、数多くのファンを抱えていることで知られている。
グループには多くのメンバーが在籍していることから、ファンたちはそれぞれお気に入りのメンバーを持つ。結果として、JKT48とチェリーベルの各メンバーは同様に専用のファンベースを抱えている。

JKT48からは最年少メンバーのナビラ・ラトナ・アユ・アザリアがもっとも人気のあるメンバーとして選ばれた。一方で、チェリーベルではアニサ・ラフマ(Anisa Rahma)が最も人気のあるメンバーのひとりとして、その名が挙げられた。

この2人がもっとも人気のあるメンバーとして選ばれたのはなぜなのか。ファンの目に映る彼女たちの魅力とは何か。以下の説明してみよう。

1.JKT48ナビラ
4_min
 
ナビラは1999年11月11日にジャカルタで生まれた。JKT48第1期メンバーであり、本名がナビラ・ラトナ・アユ・アザリアであるナビラはこの秋元康が手掛けるグループの最年少メンバーとして知られている。

彼女の凄さは、まだ非常に年齢が若いにもかかわらず、JKT48のどのコンサートでもナビラという名前がもっとも多く叫ばれることにある。それだけではない。もしあなたが日本のテレビドラマ「警部補矢部謙三2」を見る機会があったならば、あるエピソードの中で主演俳優のひとりがカレンダーの前に貼られたナビラの写真を好む姿を目にすることができるはずだ。

そのNHK(※)で放送されたテレビドラマを通じて、ナビラの名前が今後、日本でさらに知られているという予測ができる。

※「警部補矢部謙三2」はテレビ朝日系列で放送。

2. チェリーベル・アニサ
5_min
 
アニサは1990年10月12日にバンドンで生まれた。ガールバンドのチェリーベルのメンバーとして知られ、本名がアニサ・ラフマであるアニサはインドネシアのガールバンドファンから多くの賞賛を受けている。そればかりか、彼女自身の人気ゆえに、自身を「InsomNISA」と呼ぶファンが現れる程だ。

※InsomNISAは「Insomnia(不眠症)」と「Anisa」をかけた造語。「眠れないほどアニサが好き」という意味...らしい。アニサのファンベースの名前として用いられている...らしい。

ここで体型に目を向けてみれば、164センチ46キロのアニサは理想的な体型をしていると言える。それだけではない。好きな色として赤、ピンク、紫をあげるアニサはダンス、歌、ペット、旅行といった趣味を持っている。


2013年10月1日「Liputan6」

【管理人コメント】
今回の記事の末尾の質問には過去記事へのリンクが貼ってありました。リンク先は今年1月22日に書かれた「チェリーベルvsJKT48、可愛いのはどっち?」という記事で、1000近いツイート数にコメントが165個つくなどそれなりに反響があったようです。今回の記事はその2匹目のドジョウを狙ったものなのでしょう。

【関連記事】
【日本のNabilahファン必読?】JKT48ナビラ:私の名前を間違わないで!
JKT48ナビラ、ついに日本の人気ドラマに登場!