1
JKT48チームKIIIノエラ(右)とヨナ(左)

JKT48チームKIIIノエラの2013年10月6日「Google+」投稿をまとめました。

1
RTCIテレビのスタジオで最終オーディションをしてからもう1年。本当にあっという間だったな。これは第2期メンバーと多くの喜びや悲しみを共にしてきたということだね。
あの頃のことを思い出してみれば、色々と感慨深いな。JKT48のオーディションに参加した当初は他の参加者たちに圧倒されて、ダメでもともとだったし、諦めかけたこともあったけど、思いがけず最終オーディションに進むことができたし、秋元さんが見ている日本でのオーディションに出られたの。

パジャマドライブ公演のレッスンの時は私たちはまだ何もわからなくて、振り付けを覚えるのにものすごく時間がかかっちゃった。私は先生に全く表現力がないってずっと言われていたんだけど、そこで気が付いたのはダンスが踊れたとしても、表現力が伴わなければ意味がないってこと。メンバー全員の努力の甲斐あって、最終的には私たちもパジャマドライブ公演ができるようになったの。パジャドラ公演ではほぼ毎回「今日はお客さんが来るのかな?キャンセル待ちをしている人はいるのかな」ってメンバーで心配していたの。パジャドラ公演では本当にものすごくたくさんのことを学ぶことができたんだ。

パジャドラ公演を終えた私たちがもらったのは「僕の太陽」という新しいセットリスト。色々なジャンルの曲が揃っていて、私にとってはとても難しいセットリストだった。私たちは1か月くらいこのセットリストの練習をしたんだ。僕の太陽公演初日はスッゴク嬉しかったの。だって、このセットリストを披露することができたし、良い評価もたくさんもらえたんだよ。

その後でチームKの結成が発表されたんだけど、チームに入れたのは18人だけ。その日は喜びと悲しみが入り混じった1日だったな。今でも毎日顔を合わせているけど、できるならみんなで同じチームになりたかった。だって、もう私たちは家族のようなものだから。昔は馬鹿にされることも多かったけど、今では2期メンバーも認められるようになってきて本当に嬉しい。私たちのこれまでの努力が無駄ではなかったってことだからね。至らない部分もまだ沢山あるけれど。エヘヘ。

だからね、これまで応援してくれて本当にありがとう。私たちのこれまでの取り組みをみんなが楽しんでくれていたら嬉しいな。そして、ダメな部分に関してはごめんなさい。we will try to fix that. love you all..