1_min
JKT48&AKB48野澤玲奈(左)とJKT48ステラ・コルネリア(右)

【レナはナビラみたい】JKT48ステラが語る野澤玲奈
 

日本語訳はこちら
↓↓↓↓↓↓↓
レナ...レナはインドネシアが混ざった日本って言えばいいのかな。インドネシアに長く住んでる日本人っていう意味で。私が初めてレナに会った時の印象は良かったですよ。レナはインドネシア語が話せなかったし、私も日本語ができないので会話は英語でした。

始めのうちはそれほど親しいという訳ではなく、オーディションの時も最終選考の時もそんな感じでした。メンバーになった後でようやく仲良くなれました。それからはどんどん仲良くなっていったし、レナがいなかったらやっぱり寂しいです。

レナはナビラみたいにおしゃべりなんです。もうナビラの日本版って感じですね。ちょっと甘えん坊だし、ワーワー騒ぐし、本当にナビラみたいです。違いがあるとすれば、それが日本というだけです。でも、レナはいい子ですよ

レナはメイクを始めると本当っっっっっっに長いんです。ひとりで1時間でも2時間でもやってるので、レナの後ろでメイクの順番を待ってたら、ものすごく待たなくちゃいけないんです。

他には何があるかな。そう、髪の毛!他のメンバーも絶対同じコメントをしてますよ。レナは髪型を必ずシンメトリーにするんです。平行になってなきゃいやみたいで、2センチの違いでも、右と左のバランスが取れてなきゃ満足しないんです。みんなも間違いなく同じことを話しているはずです。レナはそういう子なので(笑)。

【管理人コメント】
ちなみに、2012年9月に発売されたJKT48公式ガイドブックには以下のような座談会が収録されています。この頃からステラはレナのことをよく見ている...という事にしておきましょう(笑)。

アヤナ:レナだって、ファンの前じゃおとなしく見えるけど、私と2人でいる時なんか話が止まらないんだよ。すっごいおしゃべりなの。

ステラ:自己紹介の時もあんまり喋らないのに、一旦しゃべりだすともうどこまでも話し続けるよね。

ソニア:インドネシア語もどんどん上手になってきたし。

ジェジェ:昔、レナの近くで私とソニャでレナのことを話してたことがあって、レナはずっと黙ってるから、私たちはレナがまだ会話の内容が分からないんだって思ってたの。でもある時、レナがソニャに言ったの。「あの時って、ソニャ姉さんとジェジェ姉さんは私のこと話してたんでしょ?エヘヘ」。実はレナは意味は分かってたけど、言わなかっただけなんだね。でも、レナはそんなふうに言われてても怒ったりはしないの。逆に、インドネシア語が分かった事が嬉しかったって言ってた。

アヤナ:でも、レナはインドネシア語でしゃべる時は恥ずかしそうにずっと小さな声で話すよね。

キナル:日本語で話す時はもっと小さくない?

アヤナ:私と話す時は勘弁してよってくらいおしゃべりなんだよ。

ステラ:レナって髪の毛にもうるさいよね。髪の毛の巻き具合はこうじゃなきゃいけないって感じでさ。

キナル:髪の毛を結ぶ時も「ダメだ、これじゃ長すぎる。太って見えちゃう」。それで、少し直したら今度は「ああっ、今度は短すぎた!」って。

ステラ:で、結局また最初の髪型に戻すの。

キナル:実際にはどんなふうに結んでも、私には同じに見えるんだけど。

一同:笑い。

【関連記事】
JKT48メンバーが語るメンバーの秘密(1)
JKT48メンバーが語るメンバーの秘密(2)