4_min
バリ島で行われたCM撮影の様子

JKT48メロディー、新曲披露が待ちきれない

アイドルグループJKT48がシングルとミニアルバムの発表を持って今年を締めくくるかもしれない。この可能性は彼女たちの新しいテレビCMが放送されたことで浮上した。アイソトニック飲料のCMで、メロディーらはAKB48のシングル曲「真夏のSounds good!」を披露した。
JKT48「真夏のSounds good !」英語版が初披露されたテレビCM

バンジャルマシンでのコンサート前に行われた記者会見で、メロディーはJKT48が新しいシングル曲をリリースする可能性を否定しなかった。そればかりか、彼女自身すでにその英語で発表された新曲の披露が待ちきれないようだった。

「シングルとしてリリースされるかは分かりませんが、私たちもファンの前で『Summer Love Sounds Good(真夏のSounds good!)』」を披露する日を非常に楽しみにしていることは間違いありません」とメロディーは9月29日、バンジャルマシンのアリア・バリトホテルで行われた記者会見で答えた。

メロディーはさらに、「Summer Love Sounds Good」自体はある飲料製品の広告用に選ばれた曲であると付け加えた。メロディーによれば、この曲は非常に魅力的でJKT48の次のシングルに相応しいものであるという。「披露する時期に関してはまだ決まっていません」とメロディーは話した。

補足として、「Summer Love Sounds Good(真夏のSounds good!)」はAKB48の26枚目のシングルとして発表された。2012年5月23日にリリースされ、2百万枚以上の売り上げを記録している。JKT48自身は今年5月11日に「RIVER」、7月3日に「夕陽を見ているか?」、8月21日に「Fortune Cookie Yang Mencinta(恋するフォーチュンクッキー)」という3枚のシングル曲を発表している。

2013年9月30日「Jawa Pos」

【関連記事】