2

2013年10月11日にJKT48メンバー数名がマレーシアを訪問し、現地メディアからの取材を受けました。その際のインタビューの様子が昨日13日にマレーシアのテレビ番組で放映されたので、以下にご紹介します。

 

5つ目のニュースはJKT48についてです。日本のAKB48と同じコンセプトを持つこのグループは49名のインドネシアの女の子からなり、2年前に結成されました。JKT48はこのたびファーストアルバム「Heavy Rotation」のプロモーションのためクアラルンプールを訪れました。

JKT48はAKB48の海外初の姉妹グループで、AKB48の曲をインドネシア語と英語で歌っている。

メロディ「JKT48として多くのことを経験してきました。決して忘れることのできない貴重な経験です。オーディションから始まり、私たちは懸命に努力を重ねてきました。そして今でもそれは変わりません。私たちJKT48にはチームJとチームKの2チームがありますが、私たちはいきなりアイドルとなった訳ではなく、まずは全くの研修生から始まりました。一生懸命レッスンに励んで勉強をした上でようやくチームが結成されました。JKT48として知られるようになり、一年間のグループとしての活動を経て、ファーストアルバム『Heavy Rotation』をリリースしました。これは本当に厳しい道のりでした。例えば、他の歌手やアーティストはそのままシングルやアルバムを作りますが、私たちはそうではありません。まずはレッスンに取り組み、パフォーマンスを何度も披露した上で、ようやくアルバムを作ることができたのです」

14歳から22歳のメンバーからなるJKT48は良いイメージを示すという事に責任を感じている。そればかりか、恋愛をしないように求められているという。

フェ「おそらく大部分は普通の若者ですし、良いお手本とならなければなりません。例えば、私たちはまだ若いですし、前向きな活動を行なっていくべきです。みんながJKT48のように趣味に打ち込むとか、私たちは歌やダンスが好きですから、そういったことも趣味に含まれると思います。フォーマルなことで言えば、お酒のを飲まないとか煙草を吸わないといったことです。私たちには『ゴールデン・ルール』というものがあって、これはJKT48メンバーとして恋愛をしてはならないというものです」

JKT48はクアラルンプール滞在中に、「大声ダイヤモンド」「涙サプライズ」「ごめんね、SUMMER」などが収録されたアルバム「Heavy Rotation」のプロモーションを行なった。

【管理人コメント】
とりあえず、先日のマレーシア訪問の目的のひとつがファーストアルバム「Heavy Rotation」のプロモーションであるという事は理解しました。

【関連記事】
【JKT48がマレーシア紙に登場!】JKT48マレーシア公演は「Maybe Next Year!」
JKT48、シンガポール公演の可能性が浮上