1
JKT48ステラ(左)とベビー(右)

先日JKT48からの卒業を発表したステラに向けて、JKT48ベビーが現在の心境を率直に綴っています。以下は、11月5日にベビーがGoogle+に投稿した文章です。 
初めて会ったのはオーディションの時でした。私はステラ姉さんとはまだ知り合っておらず、どんな人かも分かりませんでした。顔もまだはっきりとは覚えていませんでした。

でも、2011年11月2日、最終オーディションの控室で最終選考に残ったみんながひとりで練習したり、歌詞や振り付けを覚えていると、ものすごくはりのある声で歌う人がいました。たぶん部屋中に響いていたと思いますが、その声に私は本当に惹きつけられました。「うわあああ、すっごくいい声だなあ。私の歌なんてどうすればいいんだろう」って、ちょっと惨めな気持ちにもなったけど。エヘヘへ…

オーディションが終わると、私たちは同じJKT48のメンバーになりました……

私が一番うれしかったのは、恋愛禁止条例公演でステラ姉さんと同じユニットでパフォーマンスができたことです:D  お互いに刺激しあい、負けまいと頑張り、競い合っていたけど、目的はもちろん素晴らしいパフォーマンスをするためですよ… :p

そういえば、1か月間休養した後で劇場に行くと、ステラ姉さんは私にこう言いました。「ベブ(Beb: ベビー)、あなたは私と一緒にまた恋愛禁止条例(公演)に出るんだからね!」私は嬉しくなって、すぐに「もちろん!」と答えました。

そして、先日の2013年11月3日… 私が待ち望んでいた日です。ようやくステラ姉さんと一緒にパフォーマンスができる日がやってきたからです。公演が始まると、ステラ姉さんはステージに上がり、長い光をソロで歌いました。この声を聞ける日をどんなに待っていたことか… :) 鳥肌が立つくらいのものすごい観客の声援がありました。そして、私は思いました。「今日はステラ姉さんの日だ。ステラ姉さんのためにもこの公演では素晴らしいパフォーマンスをしなくちゃいけない」と

~~~

彼女は私のJKT48の推しメンです。なんで推しメンに選んだのかって?エヘヘへ、そう聞かれると困っちゃうな:)) でもね、ステラ姉さんは本当に人を惹きつけるんです。あの声、そして、たくさんの人の前で話す姿は本当にすごいです。可愛くて、自信があって、私はステラ姉さんのようになりたいなって思っていました。

正直に言えば、私はあまりにも完璧すぎる人ってあまり好きじゃないんです。だって、つまらないですよね。でも、私の推しメンであり、友人であり、姉であるステラ姉さんは完璧な人ではありません。気分屋で、時にはガンコで、時にはすっごく腹立たしい人なんです(笑):p ステラ姉さんが退屈そうにしてると、どうにかして楽しんでもらいたいなって思っていました。でも、私は話や誰かを楽しませるのが上手な人じゃないので、私にできるのはステラ姉さんがまた楽しい気分になるようにと願いながら、黙って見ている事だけでした。これまでこうした自分の思いをステラ姉さんに直接伝えることができなくてごめんなさい。でも、私は本当にステラ姉さんのことが大好きなんです、goodluck!^^

あの夜の発表は悲しかったです。でも、あのつらい決断をするためにステラ姉さんはもう何度も何度も真剣に考えたはずです。私はその思いを尊重しなければいけません。その選択がステラ姉さんとファンの皆さんにとって最良のものであることを願っています。これからもずっと私の憧れでいて下さい…:’) 私はJKT48でステラ姉さんのように上手に歌えるように頑張ります。たくさんの人の前でしっかりと話せるように頑張ります。そして、自信を持てるように頑張ります。いつの日かステラ姉さんが公演を観に来た時、胸を張って報告できるといいな…. Love you {}
 
2