11_min

インドネシアのネット掲示板に「大日本帝国最後の軍人が死去」というスレッドが立っていたのでご紹介します。 

1_min

小野田寛郎さんが死去 終戦信じず30年間戦い続ける


東京(CNN) 第2次世界大戦が続いていると信じ、終戦後フィリピンのジャングルに30年間近く潜んで任務を続けた元陸軍少尉、小野田寛郎(おのだ・ひろお)さんが16日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。91歳だった。

小野田さんは1944年にフィリピン西部のルバング島に諜報活動を行うために派遣された。戦争終盤に連合軍がフィリピンで日本軍を破ったが、小野田さんは拘束を逃れた。米軍が次々と押し寄せる中、ルバング島にいた日本兵の大半は撤退か降伏をしたが、小野田さんは数人の仲間とともにジャングルに潜伏し、終戦を告げるメッセージを信じなかった

その後29年間、ジャングルで集めた食料や盗んだ農作物を食べて生き延びていたが、仲間たちが次々とこの世を去り、小野田さんは1974年についに潜伏をやめ、姿を現した。そして小野田さんの元指揮官がルバング島で小野田さんと面会し、小野田さんの任務が解除されたことを告げた。ぼろぼろの軍服姿の小野田さんは、終戦から30年近くたってようやく自分の剣を引き渡した。

小野田さんは当時のインタビューの中で、日本兵は誰もが死ぬ覚悟を持っているが、自分は諜報員として死なずにゲリラ戦を続けるよう命じられたと述べ、さらに、兵士である以上命令に従う必要があったと付け加えた。

小野田さんは74年に帰国したが、75年にブラジルに移住し、牧場を開設した。84年には、ルバング島のジャングルで習得したサバイバルやキャンピング技術を日本の子どもたちに伝えるために、小野田自然塾を立ち上げた。

【差し替え】2014年1月18日「CNN.co.jp」
http://www.cnn.co.jp/world/35042717.html

2_min

3_min

4

5_min

6_min

8_min 

インドネシア人の反応
↓↓↓↓↓↓

  • 今の時代、小野田のように上官の命令を守り抜く兵士などいるのだろうか... ご冥福をお祈りします。
     
  • 戦争が終わっているにもかかわらず降伏することなく上官の命令を守り続けた氏に、そして30年経って直接説得に出向いた上官に敬礼。サムライの精神だ。
     
  • それにしても氏は過去に日本の敗戦の報を受け取らなかったのだろうか?
     
  • ↑リンクは忘れたけど、そんなニュースを読んだことがある。戦争の終了と原爆投下による日本の降伏を知らなかった氏のような兵士は他にもいたみたいだ。
     
  • ↑俺は知っていたと思うんだけどな...ただ、規律正しさと責任感に溢れる日本人、ましてやサムライたちの性格ってのはお前さんも知ってるだろ。
     
  • ↑おそらく氏は日本敗戦の報を連合軍のプロパガンダのひとつだと思ったのだろう。日本敗戦はその通りだった訳だが、氏は「決して降伏するな」という上官の命令を揺るぐことなく守り続けていた。
     
  • ↑俺は知っていたと思う。氏は諜報活動員だった訳だし。しかし、上官の「決して降伏するな」という命令、ナショナリズムと「サムライ」の精神があったからこそ、氏はあそこまで持ちこたえることができたのだろう。
     
  • ↑ビラで敗戦の報は得ていたと思うが、文章の中に間違いがあったため、彼はそれを連合軍のプロパガンダとみなしたのだろう。小野田は日本へ帰国後、サバイバル教室のインストラクターとなった。インドネシアのブル島でも彼と同じように70年代に入って初めて投降した兵士がいたよ。
     
  •   ↑ブル島じゃなくてモロタイ島だよ。
     
  •   ↑その通り。モロタイ島だ。兵士の名前はテルオ・ナカムラ。1974年12月ごろに発見された。
     
  • まずは彼の冥福を祈る。ところで、聞いた話なんだが、彼は現地の村で盗みを働いてフィリピンの警察に追われていたらしい。たとえ生きながらえたとしても、軍人が最後には泥棒になってしまうのは悲しい事でもある。
     
  • ↑生き延びるためには何でもやらなくてはいけない。君が彼の立場だったら、おそらく同じことをしているだろう。
     
  • 彼は(過去の)植民地支配者の軍人ではあるが、軍人とはひとりの愛国者でもある。日本の英雄のご冥福をお祈りします。
     
  • 俺たちは彼を「ronin」と呼ぶべきなのだろうか??? ご冥福をお祈りします。あなたの忠誠心は永久に不滅だ。
     
  • ↑それは違う。「Ronin」というのは主を持たないサムライの事だ。彼にはまだ上官がいた。元上官が出迎え、日本政府は英雄の称号を与えている(注:小野田氏は2005年に藍綬褒章を受章)。
     
  • このひとりの兵士の不屈の精神には敬意を表する。
     
  • インドネシアでも70年代に同じようなことがあったよ。以前、ドキュメンタリーを見たことがある...
     
  • 俺が彼の立場だったら、間違いなく近隣の住民に頭を下げると思う。食べ物を下さい、仕事を下さいって。何があっても、森で暮らすのは勘弁だわ。
     
  • 森の中で30年も生き延びたのはスゴイな。

【管理人コメント】
関心を持つ人があまり多くなかったようで、コメントは少なかったです。スレ自体は総じて冷静で、良くも悪くも"過激"な意見はひとつもありませんでした。

わが回想のルバング島 (朝日文庫)
小野田 寛郎
朝日新聞社
売り上げランキング: 24,560