1

インドネシアのネット掲示板に「イルファン・バフディム、日本のクラブへ正式に移籍」というスレッドが立っていたのでご紹介します。 

イルファン・バフディム、日本のクラブへ正式に移籍

2014年シーズンのクラブ補強に関して情報が一時錯綜したが、イルファン・バフディムのJ1バンフォ―レ甲府への移籍が正式に決定した。

この決定は2014年1月26日、Jリーグ公式フェイスブックアカウントでも発表された。「彼は明日、ヴァンフォーレ甲府の新加入選手として紹介されます」と同アカウントには記されている。

「この25歳の選手との契約交渉はすでに終了し、後はクラブでのメディカルチェックを残すのみとなっています」

今回の正式な移籍によって、イルファンはJリーグに在籍する2番目のインドネシア人選手となった。1988年、リッキー・ヤコビが現在のガンバ大阪の前身となる松下電器FCと契約しているが、活躍には至らなかった。

※注:Jリーグの発足は1993年。したがって、Jリーグ発足以降で初のインドネシア人選手となる。

過去にオランダのFCユトレヒトアカデミーでサッカーを学んだイルファン・バフディムはJリーグの公式フェイスブックページのコメントの中で、新たなキャリアを踏み出せることに幸せを感じているとしている。

「まず第一に、私は本当に幸せです。今回の移籍は私のサッカーキャリアにおいて新しいステップとなります」と語るイルファンは、2014年シーズンはインドネシアスーパーリーグのペルシバ・バリクパパンへ加入すると報道されたこともあった。

「アジアに来ること、そしてより高いステージでプレーすることをいつも夢見ていました。今、その目標に到達したことで、インドネシアの代表としてできる限り多くの試合でプレーしたいと思っています」

イルファンはまた自身のJリーグへの移籍が他のインドネシア人選手にとっての先駆けになることを望んでいる。「インドネシアには才能ある選手が数多くいることを知っているからです」とイルファンは語った。「私がJリーグでプレーすることで、インドネシアのサッカー選手にも日本のサッカーを紹介していきたいです」

イルファンの移籍は東南アジアへの市場拡大を狙うJリーグの計画の一環だ。インドネシアのガラタマリーグから「学んだ」と言われるJリーグは東南アジア地域へのビジネス拡張を意識している。

Jリーグのマネージメントが打ち出した方針のひとつがイルファン・バフディムのような東南アジア諸国の人気選手の獲得だ。イルファンだけではなく、ベトナムの人気サッカー選手であるレ・コン・ビンもJ2コンサードレ札幌と契約している。

2014年1月26日「TEMPO.CO」

インドネシア人の反応
↓↓↓↓↓↓
  • おおお、いいね。活躍してくれよ
     
  • 日本で成功してほしいね。インドネシア人選手がこれから日本でプレーできるかもしれないし。
     
  • ようやく日本のクラブと契約を結んだか。
     
  • 成功を祈っているよ
     
  • イルファンがインドネシアの名声を高めてくれることを願っている。
     
  • これは嬉しい。他のインドネシア人選手も続いてくれるといいな。
     
  • 日本で上手くいくといいね。しっかり練習してくれ。
     
  • グッドラック! 健闘を祈る
     
  • 海外でプレーしているインドネシア人選手って後は誰がいるんだ?
     
  • 日本での活躍を祈ってるよ、イルファン。
     
  • 日本で素晴らしいプレーを見せてほしい。そうすればインドネシア代表でも素晴らしいプレーを見せられるはず。
     
  • 日本での活躍し、さらにヨーロッパへ進んでくれ。
     
  • 日本でインドネシアの名前をアピールしてほしいね。
     
  • 日本のサッカークラブに移籍するなんて素晴らしいね。向こうの選手たちと競い合えるように願っているよ。
     
  • グッドラック、イルファン。日本で経験を積んで、またインドネシア代表でプレーしてほしい。
     
  • 国内リーグにいるだけでは成長がない。日本でプレーすることで技術の向上につながるし、インドネシア代表チームにも良い影響を与えるはず。頑張れ、イルファン!


“ツイッター王子”フォロワー数427万人のインドネシア代表MFイルファン、甲府加入が内定

ヴァンフォーレ甲府は27日、インドネシア代表MFイルファンの加入が内定したことを発表した。オランダのアムステルダム出身のイルファンは、アヤックスやユトレヒトの下部組織育ちで、昨季までの2シーズンはタイでプレーしていた

クラブを通じてイルファンは「まず日本に行けることを非常に嬉しく思っています。去年、練習に参加した時も、甲府のサポーターとクラブの素晴らしさ、温かさに心を打たれました。やっと日本に行けることになりましたので、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。Jリーグは非常にレベルが高く、自分自身にとっても挑戦になりますが、1日でも早くチームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と挨拶している。

イルファンは来日後に実施されるメディカルチェック終了後に正式契約を結ぶ。チームの合流は2月3日~15日に宮崎県綾町で行われる2次キャンプからになる予定だ。

インドネシアで絶大な人気を得ているイルファンはツイッターのフォロワー数が427万人を超えている“ツイッター王子”だ。これは日本人トップのタレントの有吉弘行の約292万人を大きく上回る数字。活躍次第では日本でも大ブレークする可能性を秘めている。

アカウントはこちら:https://twitter.com/IrfanBachdim10/
 
2014年1月24日「ゲキサカ」
http://web.gekisaka.jp/412758_132007_fl