インドネシア人の本音

【海外の反応】インドネシアのネット掲示板をアヤシゲな翻訳でご紹介。

      


    JKT48その他

    10コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    jkt48-5977

    JKT48の支持層 に言及した記事を見つけました。インドネシアの邦字紙『じゃかるた新聞』が運営する日本に特化したインドネシア語オンラインニュースサイト「Halo Jepang!」の2012年12月27日付けの記事です。JKT48の現地での人気に関しては、以下の参考記事をおすすめします。

    参考:現地の人気に関する記事(オススメ!):

    JKT48、未だ成年層の関心を引けず

    JKT4810代から20代の若者には十分な人気を得ていると言えるが、30歳を超える成年層の関心を引くまでには至っていない。

     

    専用劇場での「パジャマドライブ」公演を3ヶ月にわたって続けてきたJKT48は、AKB48から移籍した高城亜樹と仲川遥香の2人の新メンバーと共に、20121226日から新曲を追加した新たなセットリスト「恋愛禁止条例」で公演に臨む。この発表はJKT48のファンにとって待ち望んでいたものであるが、逆に30代以上の成人層にとっては国内アーティストの離婚といったゴシップ報道以下のニュースである。

    【JKT48、成年層の人気は今ひとつ】の続きを読む

    4コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    jkt48formasi16

    先日5月10日に行われたJKT48「RIVER」の発表記者会見では、選抜メンバー16名のみが参加したそうです。インドネシアでは選抜総選挙などはまだ行われていませんが、一体のどのようにしてメンバーを選出しているのでしょうか。その判断基準に関するインドネシア語の記事を見つけたのでご紹介します。

    16名のJKT48選抜メンバー、その判断基準とは?

     

    JKT48の普段のステージとは違う。最新シングル「River」の発表時、運営側がJKT48の新たな編成を発表した。

     

    510日金曜日、ジャカルタのスディルマンFXビルで最新ミニアルバムのリリースが発表された際、JKT48は16名のメンバーのみで編成されていた。その他のメンバーはどこへ行ったのだろうか。

    【マネージャーが語るJKT48選抜メンバーの判断基準】の続きを読む

    0コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Bima00

    2013年6月30日から放映が開始されるインドネシア発の特撮ヒーローシリーズ「ビマ・サトリア・ガルーダ(BIMA Satria Garuda)」ですが、昨日公式フェイスブックページが開設されました。主要登場人物紹介が投稿されていたので、以下にご紹介します。

    943681_466039036809260_12518990_n
    【【登場人物紹介】「ビマ・サトリア・ガルーダ」【インドネシア特撮ヒーローシリーズ】】の続きを読む

    0コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Ray-Bramasakti

    先日制作が発表されたインドネシアの特撮ヒーローシリーズ「ビマ・サトリア・ガルーダ(BIMA Satria Garuda)」、盛り上がってますね。日本の協力も当然ありますが、インドネシア""制作する特撮ものということで現地ファンもかなり期待しているようです。日本側の担当者の「日本のコンテンツを持ってくるのではなく、一緒に作り上げる。ビジネスとしては利益が見えない部分もあるが、直接消費者に届くものにも取り組んでいきたい」(2013年5月8日付『じゃかるた新聞』)というコメントも非常に頼もしいです。

    さて、この「ビマ・サトリア・ガルーダ」シリーズではヒロインのレナ・イスカンダル役にJKT48ステラが抜擢されたため、現地ヲタも喜んでいるようです。今回はJKT48ステラの義兄役、主人公のレイ・ブラマサクティに関するインドネシア語の記事を見つけたのでご紹介します。レイを演じる主演のクリスティアン・ロホのコメントもあります。
    【インドネシア特撮「ビマ・サトリア・ガルーダ」主人公、レイ・ブラマサクティを知ろう!】の続きを読む

    2コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    21296_503361996383961_1144558157_n

    タイトルにあるとおり、JKT48のインドネシア語の新曲「River」を管理人が(かなりテキトーに)日本語に訳してみました。歌詞訳は凝りだすと終わりがないので、今回は意訳や詩的な表現とは一切無縁な非常にニュートラルな訳に仕上げてあります(早い話が辞書を引いたまんまの「直訳」です)。インドネシア語歌詞も一緒に載せてきますので、興味のある方はどうぞ。

    JKT48のインドネシア語歌詞の評判についてはこちらを参照
    【JKT48が歌うインドネシア語の「River」を日本語に訳してみた】の続きを読む

    0コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    v

    現在メンバー数名が日本訪問中のJKT48。今回の訪問では浅草で人力車を楽しんだそうです。関連する記事を見つけたのでご紹介します。

    日本訪問中のJKT48、人力車に乗る

    JKT48が再び日本へ。今回の訪問では人力車を試していた。そう、浅草を訪れたフェ(ジェシカ・フェランダ)、ソニャ、ベビー、ナビラ、シンディ、レナ6人は日本の「ベチャ(インドネシアの人力車/輪タク)」に乗っていたのだ。 
    【JKT48、浅草で人力車に乗る】の続きを読む

    0コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20121227gantung_foto

    「あきちゃとはるごん、JKT48メンバーからインドネシア語を学ぶ」というインドネシア語外信記事を見つけたのでご紹介します。

    あきちゃとはるごん、JKT48メンバーからインドネシア語を学ぶ

    インドネシア語にはまだ不安を抱えていると、AKB48からJKT48へ移籍した高城亜樹(あきちゃ)と仲川遥香(はるごん)は語った。この2人は2012年12月26日にジャカルタのJKT48劇場で初ライブを行っている。

     

    JKT48のメンバーはインドネシア語の勉強をよく手伝ってくれると仲川は言う。だが、彼女たちは―仲川に言わせれば―おかしな言葉をよく教えてくるのだという。

     

    「変なインドネシア語を本当にたくさん教えてもらいました。メンバーが私に『言って、言って!』というので、教わった言葉を口に出してみたら、実はおかしな言葉なんです」と仲川は日本語で語った。

    【高城亜樹と仲川遥香、JKT48メンバーからインドネシア語を学ぶ】の続きを読む

    0コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加

    kostum-jkt48-dibuat-oleh-desainer-indon-65caf3

    「JKT48の衣装、インドネシアと日本のデザイナーが作成」というインドネシア語記事を見つけたのでご紹介します。

    JKT48の衣装、インドネシアと日本のデザイナーが作成

    日本のAKB48の姉妹グループとして、JKT48は常に彼女たちの外観を常に意識しているとの印象を受ける。特に、ステージ衣装の問題がそうだ。なんと、JKT48は2カ国の専属デザイナーを持っているのだという。「私たちのために、日本とインドネシアのデザイナーがいるんです」とメロディー(Melody)は3月15日、あるテレビ番組に出演した際に語っている。


    【JKT48のコスチューム、インドネシアと日本のデザイナーが作成】の続きを読む

    このページのトップヘ