インドネシア人の本音

【海外の反応】インドネシアのネット掲示板をアヤシゲな翻訳でご紹介。

      


    インタビュー

    10コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ganyong-B_min

    アイドルについて語り始めると、この女の子はもう止まらない。アイドルのためならどんなことでもやってのける。空港でのアイドルの追っかけ、ツイッターでの情報収集からお気に入りのアイドルに会うために劇場まで出かけていく。そうした献身的な努力の甲斐あって、ついに彼女はメンバーたちからも知られるようになった。ガニョンと呼ばれるこの女の子はガールバンドの少女時代とアイドルグループのJKT48の大ファンだ。この「SONE スマラン」の管理人はいったいどのようにして熱狂的なファンとなったのだろうか?以下に、彼女のツイッターアカウント(@aitakattroll)を通じて、インタビューを行なった。 【【少女時代からJKT48へ】インドネシア女性アイドルファンが語るJKT48】の続きを読む

    2コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ayana - コピー (2)

    『NYLON(ナイロン)』は1998年にニューヨークで創刊された月刊ファッション誌。現在では、アメリカの他にカナダ、欧州、日本を含むアジア圏で発売されています。インドネシア語版は2011年1月に創刊されました。そんな女性ファッション誌の2012年11月号にJKT48メンバー7人(メロディー、シャニア、アヤナ、ガイダ、フェ、ステラ、ナビラ)のインタビューが掲載されました。第5回の今回はアヤナ・シャハブのインタビューをご紹介します。

    JKT48アヤナ、『NYLON』誌インタビュー(2012年11月)

    私は今中学3年生なので、統一卒業試験に向けて準備をしているところです。今は学校以外で勉強の時間を見つけるのが少し難しいので、学校では真剣に勉強に取り組んでいます。でも、時には学校でもつい居眠りをしてしまうのですが(笑)。
    【JKT48アヤナ、『NYLON』誌インタビュー(2012年11月)】の続きを読む

    18コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ghaida

    『NYLON(ナイロン)』は1998年にニューヨークで創刊された月刊ファッション誌。現在では、アメリカの他にカナダ、欧州、日本を含むアジア圏で発売されています。インドネシア語版は2011年1月に創刊されました。そんな女性ファッション誌の2012年11月号にJKT48メンバー7人(メロディー、シャニア、アヤナ、ガイダ、フェ、ステラ、ナビラ)のインタビューが掲載されました。第4回の今回はガイダ・ファリシャのインタビューをご紹介します。

    JKT48ガイダ、『NYLON』誌インタビュー(2012年11月)

    初めてのJKT48オーディションに参加したのは日本へ行きたいという思いからです。日本で有名になれるのなら、インドネシアで人気が出なくても大丈夫かなと(笑)。もっと簡単にコミュニケーションがとれるようにと、今は日本文学科で勉強しています。 
    【JKT48ガイダ、『NYLON』誌インタビュー(2012年11月)】の続きを読む

    10コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    d2

    先日6月27日、前日に昇格が発表されたばかりのJKT48チームKIIIがインドネシアの人気トーク番組「ヒタム・プティ(Hitam Putih)」に出演しました。番組では「1!2!3!4! ヨロシク!」と「未来の果実」の2曲を披露した他に、簡単なインタビューも行なわれました。その中で先輩であるチームJに言及した部分があったので、以下にご紹介します。
    【JKT48チームKIII、人気トーク番組でチームJを語る(2013年6月27日「ヒタム・プティ」)】の続きを読む

    0コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    stella nylon

    『NYLON(ナイロン)』は1998年にニューヨークで創刊された月刊ファッション誌。現在では、アメリカの他にカナダ、欧州、日本を含むアジア圏で発売されています。インドネシア語版は2011年1月に創刊されました。そんな女性ファッション誌の2012年11月号にJKT48メンバー7人(メロディー、シャニア、アヤナ、ガイダ、フェ、ステラ、ナビラ)のインタビューが掲載されました。第3回の今回はステラ・コルネリアのインタビューをご紹介します。

    JKT48ステラ、『NYLON』誌インタビュー(2012年11月号)

    ステージに立つ上で一番大事なことは体調管理です。時には3日連続のスケジュールが組まれることもあるので、ステージをキャンセルしないよう体調はしっかりと整えなければいけません。私たちは普通、ウォーミングアップをして週に一度はトレーナーについてフィジカルトレーニングを行っています。 
    【JKT48ステラ、『NYLON』誌インタビュー(2012年11月号)】の続きを読む

    3コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    photo

    [2013年6月25日にJKT48チームKIIIに加入]

    インドネシアの女性誌『ガディス』ホームページに二期生3名のインタビューが掲載されていましたので、掲載順に3回に分けてご紹介します。第2回はフィニことラトゥ・フィエンニ・フィトゥリリア(Ratu Vienny Fitrilya)のインタビューです。

    フィニ:JKT48に入って

    ロナに続いて、今回はJKT48二期生フィエンニ・フィトゥリリア(フィニ)を取り上げます。以下は『ガディス』誌が行なったフィニとのインタビューです。

     

    どのような経緯でJKT48に入ろうと思ったのですか?

    フィニ:私はもともとJKT48のファンでした。インターネット、テレビ、その他のメディアを通じて、JKT48に関するニュースをよく追いかけていました。私もダンス、演技、そして歌うことが好きなので、二期生のオーディションがあると知った時、すぐに参加を決めました。  【JKT48研究生フィニ『ガディス』誌インタビュー(フィエンニ・フィトゥリリア)】の続きを読む

    0コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加

    P

    [2013年6月25日にJKT48チームKIIIに昇格]

    インドネシアの女性誌『ガディス』ホームページに二期生3名のインタビューが掲載されていましたので、掲載順に3回に分けてご紹介します。第1回はロナ・アングラエニ(Rona Anggreani)のインタビューです。

    ロナ:JKT48に入って

    ロナ・アリエスタ・アングラエニにとって、JKT48二期生の一員となれたことは素晴らしい達成であった。「嬉しいです。数千人の参加者の中から合格者の一人となれたのですから」と1995319日パスルアン生まれのロナは語る。

    【JKT48研究生ロナ・アングラエニ『ガディス』誌インタビュー】の続きを読む

    2コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    m (333x500)

    『NYLON(ナイロン)』は1998年にニューヨークで創刊された月刊ファッション誌。現在では、アメリカの他にカナダ、欧州、日本を含むアジア圏で発売されています。インドネシア語版は2011年1月に創刊されました。そんな女性ファッション誌の2012年11月号にJKT48メンバー7人(メロディー、シャニア、アヤナ、ガイダ、フェ、ステラ、ナビラ)のインタビューが掲載されました。第2回の今回はメロディーのインタビューをご紹介します。

    JKT48メロディー『NYLON』2012年11月号インタビュー

    私は(農学部の)農業技術学科で学んでいます。もともとコミュニケーション学部(FIKOM)に行こうと思っていたのですが、その学科を卒業した親戚の勧めもあって進学を決めました。私は一年早く学校へ入学したので、まだ20歳ですが、今はもう第7セメスターです。 [メロディーは1992年3月生まれ。インドネシアの大学は9月入学] 

    【JKT48メロディー、『NYLON Indonesia』誌インタビュー(2012年11月号)】の続きを読む

    2コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    n

    [ナタリアは2013年6月25日にJKT48チームKIIIに昇格]

    写真の主は今年3月にJKT48のファンになったばかりの現役高校生アルヨ君。彼はなぜJKT48のファンとなったのか。そして、なぜ二期生のナタリアに惚れ込んでしまったのか。その理由をインドネシアの音楽雑誌の取材の中で率直に語っています。今回はその「パート2」をお届けします。



    試験休みにJKT48ナタリアのファンになった高校生(その2)

     

    JKT48の熱狂的なファンであるアルヤもいつしか推しメンであるナタリアにたびたびプレゼントを贈るようになっていった。アルヨはどんなものが好きなのかナタリアに直接尋ねたことがある。

    【【ファンの声】僕がJKT48ナタリアにハマった理由【パート2】】の続きを読む

    2コメント
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fans jkt

    [ナタリアは2013年6月25日にJKT48チームKIIIに昇格]

    写真の主は今年3月にJKT48のファンになったばかりの現役高校生アルヨ君。彼はなぜJKT48のファンとなったのか。そして、なぜ二期生のナタリアに惚れ込んでしまったのか。その理由をインドネシアの音楽雑誌の取材の中で率直に語っています。詳細は以下の記事をご覧下さい。

    試験休みにJKT48ナタリアのファンになった高校生

     

    この太めで長髪の男性がアイドルグループJKT48のファンとして知られていると誰が思うだろうか。多くの男性がジャカルタのJKT48劇場に熱心に通っているが、アルヨはそんなJKT48の大ファンのひとりだ。

     

    他のファンと同様、現在高校2年生のアルヤも自らの「推し(お気に入りのメンバー)」であるJKT48のナタリア(Natalia)に入れ込んでいる。「ナット(Nat)」とアルヨはこの第2期メンバーを呼ぶ。アルヨ自身は自分がこの日本のAKB48の姉妹グループのファンになるとは考えたこともなかったという。

    【【ファンの声】僕がJKT48ナタリアにハマった理由【パート1】】の続きを読む

    このページのトップヘ